[TOP] GD
NS
BO
OK
LP
RT
10
0P
YN
DA
CI
NE
UZ
MK
NS
HB
GS
KJ
SH
RT
HR
PR
IN
ST
PJ
SN
TE
NU
LI
NK
BO
AD
HS
TR
DI
RY

南船北馬inblog

【旧:南船北馬(HTML版)はこちら】
【南船北馬】:絶えず方々に旅行すること。昔、中国では、南部は川が多く船で、北部は陸地を馬で旅行したことからいう。そんなふうにしょっちゅう旅に出られたらどんなに楽しいことだろう…
by gdcl-nshb
以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
デッケーーーおぱいw
from むろい
根っこに埋まった像(タイ..
from 写真サーバ現像室 for P..
狌狌
from 猿も煽てりゃ、ブログする。
赤ちゃんの名づけのポイント
from 姓名判断日本育児研究社で名づ..
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:ロンドン ( 57 ) タグの人気記事

小腹が空いたらおやつの時間
 第2昼食である。昼に蕎麦一枚という小食ですませたのは実はおやつにもう一回蕎麦をたぐってやろうという目論見があったからである。昨晩、現地で手に入れたガイドパンフレットに掲載されていた、なんかピンとくる蕎麦屋がマルスウィスキー工場の近くにありそこにいってみようということなのであった。
 しかし結果は挫折。苔清庵というその店は門構えも質素な中に美味そうな蕎麦を出す雰囲気を持っていた。場所的にちょっと観光客ルートから外れているので大丈夫なんじゃないかなぁ、と思っていたのだけれど、嫌な予感のほうが当たってしまい、蕎麦売り切れにつき本日閉店だったのだ。
 がっかり。オレのさかりのついた小腹はすでに収まりがつかなくなっている。で、中央アルプスバス停そばの蕎麦屋に行ってみたがここも品切れ閉店だった。まあこの店に入るつもりはなかったのだが、やはり中央アルプスはピークをむかえているということなのか、訪れる客の絶対数が違うということのなのだろうか。

 そんなときに思い出したのが光善寺から少し離れたところにあった蕎麦屋の看板であった。道路の片隅に立てられたいかにもちんまりとした看板で、実に目立たない。しかしなんか知らないが、なんとなくオレの気を引くよさそうな感じが漂っていて昨日から気になっていたのだ。そうだそうだ、そこに行ってみるか。入口をみてダメなら今日は諦めればいいさ。と、いうわけで、車を走らせる。
 とりあえず開店中。第一関門突破である。店の様子は、蕎麦屋というよりも喫茶店っぽいか。まあそれなりに悪くはない。第2関門突破である。というわけで、店内に入ってみる。山のロッジ風の店内は小ぎれいで気持ちがいい。これはアタリかもしれない。客がひとりもいないのが気になるが、時間がずれていたし、観光客ルートからも遠いのでフラッと訪れにくいので、それもしかたあるまい。不安というよりは居たたまれなさがこそばゆい。
d0081682_1717211.jpg メニューをみる。蕎麦の産地別に打ちかたを変えて提供している。地の蕎麦にこだわりが感じられる。これは期待大かも。本気の昼食ならば全種類(といっても2種類だが)いってしまうところだが、今はあくまでも小腹を抑えるおやつの時間。というわけで、これまた地モノの辛み大根を使ったおろし蕎麦を注文する。つけ蕎麦ではなくぶっかけ蕎麦だった。蕎麦の上に鰹節がかけられていて、個人的にはこれは不要かなと思ったが、蕎麦全体としては美味い。本当に美味い。この店に来て大正解だった。
 夜には蕎麦づくしのコースもやっているそうだ。ちょっと気になる。しかしどうやって夜にここまで来ればいいのだろうか。

 今回の旅のしめくくりは温泉である。昨日とは違う湯につかって、のんびりと旅を振り返る。天気にも恵まれ、それなりのハプニングにも見舞われ、いろいろあったが、いい旅だったなぁ。露天風呂からみえる中央アルプスは美しくそこにあった。

 そうしているうちに4時半、夕方が近くなってきていた。帰るとしよう。帰り際、高速道路のSAで、思い出したようにロー麺を食べた。これは小腹が云々というよりもクリア魂のせいで、これでソースカツ丼、蕎麦、ロー麺という伊那の3大名物料理は全部食べきったというわけだ。
[PR]

by gdcl-nshb | 2006-08-12 09:00 |  ├ 人が造りしモノ
命の薬、養命酒
d0081682_1795456.jpg 養命酒工場である。おそらく誰もが知っているであろうその名である。もちろんオレも知っている。しかし、名前は知っていても、そして健康によい酒という大雑把な効能については知っていても、本当はなにも知らないのである。製法は? 来歴は? なにも知らないのだ。そんな養命酒についての謎を、ここ養命酒駒ヶ根工場は教えてくれるのだ。別に物見遊山な気持ちだけではなかったが、いや行って正解。いろいろわかってすごく勉強になった。
 実は工場は、まさに訪れたその日からお盆休みに入ってしまっていた。とりあえず見学受入れだけは行なわれており無駄足を踏む事はなかったのだが、少々ガッカリしたのだが、ともあれ、見学開始である。
 まずは、養命酒のアレコレに関する解説映画を観る。この手の企業紹介映画は、観終わってがっかりすることが往々にしてあるものだが、意外にもかなり面白かったのであった。面白い、というよりも、興味深いという言葉のほうが正確なのだろうが、養命酒についてあまりにも知らないことが多く、そんな無知の脳みそ内にどんどんと無駄な知識が蓄積されていく。そんな快感があった。
 オレが特に驚いたのは、次の3つで、ひとつめは「養命酒は江戸時代より前からあった」こと。なんとなくうさん臭い伝承ではあるが、そういう伝承的な由来があること自体が面白いではないか。
 ふたつめは「養命酒がスピリッツではなく醸造酒で造られている」こと。オレは今までフレーバーウォッカのように蒸留酒に生薬を漬けこんで造るとばかり思っていたのだが、そりゃ江戸より昔なら醸造酒であろう。そして日本の醸造酒が日本酒だけじゃないのだなぁということに感慨を覚えるのだった。
 最後は、「この工場だけで全世界の養命酒をまかなっている」ということ。養命酒が世界中で飲まれているのはいいとして、それがすべてこの駒ヶ根から発信されているのだ。オンリーワンであるのだ。これにはかなりビックリした。日本の底力は町工場だけではなく、ここ駒ヶ根にも存在したのだ。大袈裟かな。

 さて、映画の後は、工場を見学である。もちろん生産ラインはお休み中でガランとした工場内を上部の通路から覗き込む。わずかに数名の作業員(?)が機器のチェックのようなことをしているのみで、あとはひたすら静かな場内である。もっともオレ的にはそれでも十分堪能することができた。むしろライン稼動中よりも面白かったかもしれない。けして負け惜しみではなくそう思った。まあ、一番面白かったのは場内のそこここにおいてあるゴキブリホイホイで、なるほどそういう努力が必要な工場なのだよなぁと共感を憶えたりするオレのツボがちょっとずれているのかもしれない。

d0081682_17101215.jpg さて、見学コースが終了すると、あとは自由に敷地内を散策する。工場内は木々が多く、公園といっても過言ではない自然環境なのだ。敷地内では、縄文・弥生・平安初期それぞれのの集落跡が発見されていて、その家屋が復元されているのだった。これまで古代の住居を見たことがないわけはないが、縄文から平安という時代の変遷による違いを俯瞰してみたのははじめてで、これが思いのほか面白かった。特に平安期も竪穴式住居だったというのは非常に新鮮な驚きであった。確かに平安という時代のイメージは平安京に代表されるように都市であり、個々の家についてもなんとなく板造りの今でいう和風建築的な印象がある。しかし実際のところ弥生からガラッと変わるわけもなく、また地方の集落まで(当時の)近代化が進んでいるわけもなく、つまりはここでみることのできたような住居であったことはよくよく思えば容易に導き出せる回答なのである。今まではそこまで想思いもしなかったというわけで、人生常に学びの場なのだなぁと思った次第である。

 残念だったのは、ここまで養命酒について知見を得たというのに一滴も飲むことができなかったということだ。車で訪れているのだから仕方がないのだが、試飲コーナーで、養命酒だけではなく、ここで作られているハーブスピリッツリキュール2種類をもお勧められたのには「これは新手のイジメ? 拷問?」と思わずに入られなかった。本当、車見学の悲しさを痛烈に味わった。もっとも車じゃないとこれない場所なので、元々覚悟してはいたのだけれどね。
[PR]

by gdcl-nshb | 2006-08-12 07:00 |  ├ 人が造りしモノ
思えば楽しいことばかり。
 日本に到着すればいつの間にか丸1日が経過している。もちろん時差のせいでもあるが、しかし正味11時間は機内にいたのだ。ビールにワインにカクテルにと散々飲み食いし、惰眠をむさぼり、映画を観まくった。それだけの時間を機内で過ごしていたのだ。だが、気持ちの上では、ついさっきまでロンドンにいたのになぁ、なのだ。実に不思議な感覚を消せずにいた。往路でもまったく同じような感覚を味わった記憶があるが、長時間飛行ってそういうものなのだろうか。

 ロンドンの印象は、物価がとてつもなく高い、食べ物が不味い、という一般的にいわれていることの確認であった。そしてそんなマイナスの要素を補って余りある魅力に溢れた街であることの確認でもあった。
 もう一回行くか、ときかれたら即断で、行くと応えよう。次は、郊外中心で攻めたいね、もちろん市街地のまだ観ていないミュージアムも観つぶさなければならないし、まったくもって大忙しだ。効率よくまわるための予習は必要だ、絶対に。時期はそうだね、やはり春か? 秋か? 心の準備はいつでも整っている。
[PR]

by gdcl-nshb | 2006-07-18 01:00 |  └ ロンドン後説
ヒースロー空港買い物紀行
 地下鉄に揺られてヒースロー空港に到着。せっかくスマートEで購入しているのに、ヒースローは自動発券に対応していないとか、出国時のカバンのチェックが猛烈に厳しくて全開にされてひとつひとつチェックを受け、別に違法なものは何もないのだが少々不安になるとか、そんなに厳しいくせに出国審査はあっさりとしていてスタンプも押してくれなかったとか、いろいろありながら、ウェイティングエリアまでたどりつく。
 搭乗時刻までの1時間は土産の最後の調達とビールだ。
 土産としては、とりあえずどうにでも使えるチョコをバーゲン料金で買い叩き、自分用にスコッチを2本購入する。物色中、アルコールを販売しているコーナーでカクテルの試飲を行なっており、つい3種類ほどいただく。美味い。土産の後はもちろん空港内のパブでラストの1パイント。ただ、最後の一杯はエールではなくラガーにしてしまった。なんとなくキンと冷えたビールが恋しかったのかもしれない。
 ほどよい心地になったあたりで搭乗時間となった。長かったような短かったようなロンドンもこれでひとまずお別れだ。
[PR]

by gdcl-nshb | 2006-07-17 05:00 |  ├ ロンドン第七夜
大英博物館ラストスパート
d0081682_934326.jpg 大英博物館、最後に残すはエジプトのミイラ区画である。それはもうなんでこんなにあるのかというぐらいの棺、そしてミイラ。これ、死体ですよね? ここにあるのみんな死体なんですよね? レプリカ。じゃないですよね? イギリス人はそれほどまでにミイラが好きなのだな。なにかしらのロマンを感じているのだろうか。事実も根拠もない勝手な思いつきだが、死体イコール腐敗を意味する国にとっては、長い時を経てなお姿を保つ死体に対する興味や畏怖や憧れなどがあるのかもしれない。かたや日本では別の技術技法ではあるが木乃伊がある国であり、また近年では死体イコール灰の国なので、死と腐敗が直結していない。死体自体が残らないから自己の認識領域の範疇からは隔絶した存在となってしまっている。故に死体に対する感覚はやはりイギリスのそれとは違うのではないかなぁ、と思う。
 もっとも少なくともオレのミイラに対する興味に関してはイギリスのそれ同じ。もう端から端までガン観である。面白いというのはある種不謹慎なのかもしれないが、身体を保存することにここまで執着するありように対して非常に心を動かされた。そして脳も心臓もかきだしてしまうという当時の心の場所に対する認識についても興味深いものがあった。
d0081682_93418100.jpg ひとつ勉強になったのは、ミイラが4重包装だったこと。それを説明するためにわざわざ4体のミイラを段階別に剥いて展示してあるのだ。すごく即物的な展示で、敬意もなにもあったもんじゃない。多分、展示されたモノは物であって者ではないのだろう。
 というわけで、とりあえず足かけ二日の大英博物館見物は完了。時間が1時間くらい余ったので、もう一度仏像区画を一回りして、博物館を後にした。
[PR]

by gdcl-nshb | 2006-07-17 04:00 |  ├ ロンドン第七夜
ヲタクは万国共通の合言葉
d0081682_9305045.jpg 食後、すぐに博物館に復帰せず、腹ごなしがてらに近所を散歩していると、コミックブックショップを発見した。入ってみるともう床から天井までコミックがびっしりと並んでいる。基本的にはアメコミ系で、ヨーロッパのものは少ないようだ。ふむふむと見ながら奥に進むと「地下にももっとあります」の張り紙がある。そういわれればもちろん行くべきでしょう、と急な階段を下りていくと、なるほどここにあったのか。というくらいのジャパンコミックスが一面に並んでいるのであった。一番目立つところにあったのは「のだめ」「ヒカルの碁」だったが、そんないかにもな代表的な作品ばかりではなく相当な種類が並んでいる。つまりここは「濃い店」なのだな、とはっきりと認識し、さらに物色を続ける。英訳日本マンガを買ってもよかったのだが、1冊7ポンド程という値段が値段はさすがにシャレで買うには高すぎるので、アメリカの艶笑系ヒトコママンガを買った。
[PR]

by gdcl-nshb | 2006-07-17 03:00 |  ├ ロンドン第七夜
ベジタぶりたい気持ちだったの
 大英博物館の向かいには、ちょっとよさげなパブがあった。昨日、博物館に来たときに見つけて、よし昼飯はここでだな。と計画していたのだが、いざ、昼食を食べる段になって、なんとなくパブに入る気が失せていたことに気づいた。値段がなんか他の店よりも1割ほど高かったせいもあるだろうし、店内に人がいなかったせいもあるだろう。しかしこれらは多分本当の理由ではないのだろう。おそらく無意識のうちに「もうパブ飯には厭きたよ」という心の叫びを発していたのだと思う。確かに本当に毎日パブ飯だったからね。さすがにもういいだろう。結局、ちょっと近所をうろつきまわり、オフィスワーカー向けのテイクアウトのサンドイッチショップに入り、サーモンのサラダと、小エビのサンドイッチ、ジンジャービールを購入する。店内でもイートイン可能なちょっとしたスペースがあり、そこで食べることにした。
 昨日も思ったのだが、サラダが美味い。この店がそんなに良質の野菜を使っているとも思えない。オレの身体は本当に野菜が欲しかったのだなぁ。ちなみにジンジャービールとは、要するにジンジャーエールなのだが、こちらのそれは日本のものとは違い、本当に生姜の味が濃い。そして甘い。炭酸が入った冷やしあめのようである。美味い。
[PR]

by gdcl-nshb | 2006-07-17 02:00 |  ├ ロンドン第七夜
ひたすらに博物館の中
 起きてみれば天候は曇天。時折、小雨。まあ最終日くらいは湿ってくれていい。というよりも、今まで晴れすぎだったのだよ、ロンドンは。
 ホテルをチェックアウトし、大英博物館に向かう。正面から入ろうとすると「大荷物の人は裏からまわって荷物を預けてほしい」といわれたが、一発でたどりつけず、いったん正面に戻って警備員に筆記してもらう。全然話せないのに、今まで筆談を度もしてなかったのもすごいな、とちょっとだけ思った。とにかく大英博物館第二戦。裏口から入るとちょうど昨日中断した特別展の区画であった。実に予定調和的だ。
d0081682_926319.jpg 今日は第二階層からスタート。インドのヒンドゥの仏像(というのもちょっとヘンだが)を皮切りに、東南アジア各国、中国へと続く仏像の伝播を一気に俯瞰する。インドの歓喜天、男女仲むつまじい(?)像といった定番的な像からアルカイックスマイルをこれでもかとアピールする仏陀、東南アジアに広がる小乗的なストイックな仏像、中国のふくよかな弥勒仏。オレはもういきなりのご馳走に戸惑いつつ歓喜しつつためつすがめつ眺めまわす。d0081682_9264770.jpg
 次の区画は再度ヨーロッパものに戻り、壷などのギリシアものや様々なものがびっしりと並ぶ。ただ、正直仏像で燃え尽きたところがあって若干テンションは下がり目。なんとなく駆け足で先に進む。残るは再度エジプト区画、今度は小さめの品を集めた部屋である。時刻は正午少し前。ここで一休みで昼食を取ることにした。
[PR]

by gdcl-nshb | 2006-07-17 01:00 |  ├ ロンドン第七夜
最後の夜は豪勢に! 行きたかったなぁ
 夕食は、イギリス料理のレストランで本格的に味わうか、あるいはパブで夜のミールを愉しむか、非常に迷ったのだが、レストランを見つけて一人で入って、という段取りが面倒くさく、やはりオレならパブがお似合いだな、と例によってシェイクスピアに行く。ところが、昨日、一昨日とは大違いの大人数でぎっしりで、理由はもちろんW杯のイタリア戦。とりあえず腹を膨らませてこちらも応援にまわるか、とバーテンダーに夜のミールは何かと尋ねると、「今日はこんな調子で忙しいからないんだ」といわれてしまう。そりゃそうだよなぁ。とあっさり引き下がり、白ワインを一杯もらい、飲みながら外でまったりと涼みながら今後の展開を考える。

 結局、ピザハットへ行くことにした。ロンドンのピザハットはデリバリーピザではなく、むしろファミレス風。その証拠に(?)、サラダバーがある。ここ数日本当に野菜を口にしてないなぁと、サラダも頼むが、自分で好きなだけ取るシステムはつい食べ過ぎてしまうんだよな。サラダだけでけっこうお腹が膨れてしまった。それにしてもサラダが美味いと思ったのはひさしぶりで、本当に野菜ギレしていたんだなぁと我ながら感じるのだった。

 食後のお約束はもちろんパブ。最後の一軒は初日に行ったパブのリベンジとした。まだ試合は続いており人込みは初日と変わらず、いやもっと多いかもしれない。しかし今回の旅を送っていく中でオレのパブスキルもレベルも上がっている。人込みの中、難なくエールを注文する。店内の奥はTVモニタが見えないせいか意外と空いていた。というわけでそんな店の片隅で旅を振り返りながら、ゆったりとした時間を過ごす。2杯目を飲んでいる途中で、歓声とともに店内がざわつきだした。イタリアが勝利したのだ。イタリアチームのサポーターはとてつもなく盛り上がっており、店内を旗を振って練り歩く。こちらもコングラッチレーションを返す。普段にはありえないバカ騒ぎっぷりなのだろうが滅多にない事態だし、多少の騒々しさはご愛嬌。こちらもなんとなくハッピーな空気を感じて最後の夜を楽しく過ごしたのだった。
[PR]

by gdcl-nshb | 2006-07-16 08:00 |  ├ ロンドン第六夜
ホグワーツに行くための方法論的見物

 映画「ハリーポッターと賢者の石」の駅のシーンの撮影はキングクロス駅で行なわれたのだそうだ。そしてホグワーツ行きの汽車に乗るホームに至る入口が今も残されているのだそうだ。今回はロンドン滞在型の旅の計画なのでホグワーツにまで行くつもりはないが、入口くらいは観ておかないといかんだろう。あわよくばハーミーと遭遇する事もあるかもしれないしな! というわけで、構内を探索する。ロンドンの駅は改札でホームが仕切られておらず単なる物見遊山でもホーム内に入ることができる。あるいは車両の中にまで入れそうだが、それは今回の目的ではない。とにかく、9と4分の3番線を探して端から端まで歩いてみる。がこれがなかなか見つからない。勢いで見当をつけてうろつくのはやめてまわりをあらためて見回すと、今まで探していたのは1から8番線までで、9番以降は別棟にあるのだということに今さら気づいた。ということは問題のホームは数字からしてそっちじゃないか。
d0081682_21214111.jpg ということで行ってみればなんのことはない、あっさりと簡単に見つかった。別棟入口前の壁に「9 3/4」と書いたプレートがこれ見よがしに貼ってあり、壁に突入途中の荷物用カートが半分だけ消え残っている。無事に観ることが満足したが、冷静に考えるとえらくチープなデコレーションだな。と思いつつ、喜んで記念写真を撮るオレ。さくっと撮り終わり、しばし感慨にひたっていると現地の(?)家族連れがやってきて嬉々として写真を撮りはじめた。やはり人気スポットなのだった。思い返せば、ホーム探索中、国を問わず多くの子連れの家族が右往左往しているのに出くわしているのだ。皆、目的は一緒だとは容易に想像がつくが、それにしてもハリポタ人気はやはり世界的なんだなぁ、と実感した。
[PR]

by gdcl-nshb | 2006-07-16 07:00 |  ├ ロンドン第六夜