[TOP] GD
NS
BO
OK
LP
RT
10
0P
YN
DA
CI
NE
UZ
MK
NS
HB
GS
KJ
SH
RT
HR
PR
IN
ST
PJ
SN
TE
NU
LI
NK
BO
AD
HS
TR
DI
RY

南船北馬inblog

【旧:南船北馬(HTML版)はこちら】
【南船北馬】:絶えず方々に旅行すること。昔、中国では、南部は川が多く船で、北部は陸地を馬で旅行したことからいう。そんなふうにしょっちゅう旅に出られたらどんなに楽しいことだろう…
by gdcl-nshb
以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
デッケーーーおぱいw
from むろい
根っこに埋まった像(タイ..
from 写真サーバ現像室 for P..
狌狌
from 猿も煽てりゃ、ブログする。
赤ちゃんの名づけのポイント
from 姓名判断日本育児研究社で名づ..
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
西洋風東洋風
d0081682_14483431.jpg 境内を出ると、そこは執務としての王の城である。
 一見すると西洋風の宮殿なのである。しかしよくよく全体を見渡すとやはりタイならでは、というか、文化的ミックスがあからさまに表現されているのである。建物の下層部は普通に英国風西洋風の宮殿のつくり。しかし上層部にいくにつれてタイ風東洋風という面白い構造なのである。
d0081682_14485069.jpg 前庭も西洋の宮殿をモチーフとしたような庭園なのだが、芝生に置いてある植木鉢の植え込みは、動物の形に刈り込まれた植木となっていた。特に庭園入口にあるものは、ガルーダを模しており、これは宮殿の守護のためということなのだろうか。

d0081682_1449388.jpg 宮殿の入口にはこの国の象徴である象の彫像が並んでいる。そこを抜けて宮殿に入るための階段の前には、微動だにしない近衛兵が警護している。その近衛兵からくるイメージのせいもあるのだろうが、この宮殿、同じ西洋風でも、昨日のアユタヤのようなフランス的な形式ではなく、イギリス風の雰囲気があるように、勝手にだが思えた。

d0081682_14491893.jpg このような西洋的雰囲気は、ワット・プラケオだけではなく、周辺の街並み自体にあった。全体的にコロニアル風のつくりになっており、これは往時の街並みということなのだろう。
[PR]

by gdcl-nshb | 2007-02-04 05:00 |  ├ タイ旅第三夜
<< 海外ツアーといえばつきものの時間 王宮のエメラルド >>