[TOP] GD
NS
BO
OK
LP
RT
10
0P
YN
DA
CI
NE
UZ
MK
NS
HB
GS
KJ
SH
RT
HR
PR
IN
ST
PJ
SN
TE
NU
LI
NK
BO
AD
HS
TR
DI
RY

南船北馬inblog

【旧:南船北馬(HTML版)はこちら】
【南船北馬】:絶えず方々に旅行すること。昔、中国では、南部は川が多く船で、北部は陸地を馬で旅行したことからいう。そんなふうにしょっちゅう旅に出られたらどんなに楽しいことだろう…
by gdcl-nshb
以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
デッケーーーおぱいw
from むろい
根っこに埋まった像(タイ..
from 写真サーバ現像室 for P..
狌狌
from 猿も煽てりゃ、ブログする。
赤ちゃんの名づけのポイント
from 姓名判断日本育児研究社で名づ..
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
乗り過ごし遠回りの旅
d0081682_155122.jpg 時刻は1時をまわっていた。駅前のパブで昼食をとることにした。フィッシュ&チップスと、もちろんヤングプレミアムエールを1パイント。ビネガーをダボダボとかけたフィッシュは美味い。もう1杯いきたいところだが、ここで長居をするわけにはいかない。

 午後は、グリニッジに行くことにする。キューガーデン駅から地下鉄に乗り込み、乗継のタワーヒル駅までしばし車中の人となる。が、ビールは飲んでいるわ、腹いっぱいだわ、とくれば眠くなるのは必然というもので、ついうとうとしてしまい、うっかりというか案の定というか、乗り過ごしてしまったのだった。ここで素直に折り返せばいいものを、さらに数駅先進めば別の乗換駅があるわい、オレは後戻りはしない人間なのだ。とヘンに気が大きくなっていたから事はややこしくなっていく。まあ、そのときの判断に致命的な問題はなかったのだが、新たな乗換を設定されたストラトフォード駅は、地下鉄側の駅とDLR側の駅はやや離れた場所にあり、しかもぱっと見で判るような位置でもなく、さらに案内表示がない。さらに、ようやく見つかったDLR駅では入るとき改札もなにもなく、手を変え品を変えオレを翻弄してくるのだった。
d0081682_15511858.jpg ともあれ、車両に乗り込み、ドック沿岸に寄り添いながらDLRは進む。だいたい20分程度かかっただろうか。グリニッジ(でも駅名はカティ・サーク駅だが)に到着する。意外と時間がかからなかったなぁ、と思ったが、それはDLRに限っての話で、よくよく時計を見ればすでに3時半なのである。キューガーデンから2時間くらいかかっているのである。けして派手に寝過ごしているわけではないのに! ようするに、地下鉄の歩みが鈍いということなのだろう。第一、よく考えてみればロンドンの西端から東端に移動しているのだ。地図の縮尺にだまされて近いと思ってはいけないのだ。と、思い知らされた。にもかかわらず、その後も北に南に東に西に右往左往する旅を続けるのである。
[PR]

by gdcl-nshb | 2006-07-13 02:00 |  ├ ロンドン第三夜
<< ウィスキーといえばカティーサーク 世界遺産的英国大庭園 >>