[TOP] GD
NS
BO
OK
LP
RT
10
0P
YN
DA
CI
NE
UZ
MK
NS
HB
GS
KJ
SH
RT
HR
PR
IN
ST
PJ
SN
TE
NU
LI
NK
BO
AD
HS
TR
DI
RY

南船北馬inblog

【旧:南船北馬(HTML版)はこちら】
【南船北馬】:絶えず方々に旅行すること。昔、中国では、南部は川が多く船で、北部は陸地を馬で旅行したことからいう。そんなふうにしょっちゅう旅に出られたらどんなに楽しいことだろう…
by gdcl-nshb
以前の記事
2007年 09月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 01月
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
デッケーーーおぱいw
from むろい
根っこに埋まった像(タイ..
from 写真サーバ現像室 for P..
狌狌
from 猿も煽てりゃ、ブログする。
赤ちゃんの名づけのポイント
from 姓名判断日本育児研究社で名づ..
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ: ├ ロンドン第一夜( 7 )

イギリスの食事デビューは定番で
 初日の夕食はフィッシュ&チップスとする。と決めていた。そんなわけで、ノッティングヒルの専門店に向かう。
 ノッティングヒルの街並みは、いかにも購入住宅街風でアパートがパステルカラーで塗り分けられている。よくいえば洒落た街並み、悪くいえばスノッブな印象なのだが、それがノッティングヒルだ。といわれるとなんとなく納得してしまう。別に詳しく知っているわけでもないのに。
 それはそれとして、めざすは夕食なのであった。

d0081682_23592090.jpg 3軒程の店が並んでいる中で、一番カジュアルな構えの店に入ることにする。専門店だけあって、白身魚も何種類も用意されている。どれがなにやらよく判らないながら、ここはあえて一番判らなそうなハドックを選ぶ。パンやライスといった炭水化物のない食事に若干の違和感を感じつつも味わう。とにかくボリュームがすごい。特にイモは食べても食べてもなくならない。そういう意味において主食がないのも肯ける。
 さて肝心のお味はというと、まあ不味くはない。ただ味付けがね、ないのだなあ。最終的には自ら塩胡椒で調節しないといけないわけで、それって料理としては中途半端なのではないか、という気持ちもないわけではないが、発見としてはビネガーをドボドボとかけるのが結構気に入ったので、以降、味付けの基本はビネガーで。となった。

 ベイズウィーターに戻り、ある意味今回の旅の一番の目的、いよいよパブ・デビューである。FIFAワールドカップのおかげで店内のすごい人込みにちょっと気後れしつつ、まずは一杯といくつもあるサーバーから指差しチョイスで注文したのだが、それはラガーなのだった。エールを飲みたかったのに。あららである。が、まあいい。まだ一日目、じっくり攻めればいい。
 店脇の路地に椅子とテーブルが出ている。店内の人込みを避けてそちらに移動する。なぜか居心地がよい。のんびりと初日の夜が更けていく。
[PR]

by gdcl-nshb | 2006-07-11 07:00 |  ├ ロンドン第一夜
本場のキャバレーなぞないのだ
d0081682_2357045.jpg ピカデリーといえば、もちろんソーホーであろう。ソーホー。いろんな意味でのお愉しみが詰まった街である。もっとも別にオトナの遊びに興じようというわけではない。物見遊山なのである。あわよくば(?)本場のキャバレー(日本でいうところのショーパブか? 行ったことないのでよく判らないが)とはどのようなものかという興味を満たしてみたくはあるが、ここは遠い異国の地。場所もマナーも判らないし、第一度胸がない。いずれにせよ、願いも虚しく古きよき大人の街的な雰囲気なぞ見つかることもなく、発見したのはいかにも危なげなムードを漂わせているネオン、客引きらしき女性達。そして、彼女たちを囲むごっついニーチャン達。物凄く怪しい。物凄く怖い。とてもじゃないが自分の手に負えない。すみませんでした。安直な発想で行ってみようなどと思った己れが浅はかでした。近づくことすら絶対ムリですから。

d0081682_23571664.jpg いかにも危ない街であるかのようなソーホーではあったが、総体的にみれば、街自体はショップや劇場や歓楽街がごった煮的な雑居をなしており、普通の人たちも普通に歩いているそんな場所であった。ようは新宿歌舞伎町みたいなものなのだが、ああそれなのにてんでダメなオレ。というわけで、そんな負けオーラを全身から発しつつそそくさと退散するのであった。
[PR]

by gdcl-nshb | 2006-07-11 06:00 |  ├ ロンドン第一夜
夕方なんだか夜なんだかの散歩の日暮れ
d0081682_23451266.jpg ハイドパークをのんびりとそぞろ歩く。寛いでいるのはオレだけではなく、ロンドンっ子皆、公園で仕事の後の、あるいは学校後のひとときを涼んでいる。
 夕方。といっても時計の針は7時をまわっていた。さすが高緯度の国、昼が長い。陽が沈むのは概ね9時をまわってからだったので、7時なんかはまだまだ十分昼といってもよいくらいだ。
 そんな中途半端に日暮れの公園では、日向ぼっこをする者、草サッカーに耽溺する者、散歩、サイクリング、スポーツカイト、いろんな人がいろんな過ごしかたをしている夕方であった。

d0081682_23453781.jpg 公園内にある観光ポイントで記念写真を撮る人間が多いピーターパンの像を観、慣れているのか逃げない見た目はどうみてもタイワンリスだが違うんだろう公園のリスを観、夕陽に金ピカが映えてもの凄く豪勢な感じなアルバート記念碑を観、と、だらだらとした時間を過ごす。それでもまだ空は明るく、なんとなく遊び足りない気分でもあり、せっかくの一日乗車券なので、ちょっと足を延ばしバスでピカデリーサーカスに向かう。初日から大歓楽街に突入とは!
[PR]

by gdcl-nshb | 2006-07-11 05:00 |  ├ ロンドン第一夜
ホテルに到着、一段落
 ホテルはベイズウォーター駅近くの三ツ星ホテル。適度にカジュアルで、なにより清潔。シャワーのお湯の出も快適で、難をいえばやや狭いことだがシングルなので不満はいうまい。1階で道路から丸見えなのもやや不安だったりするが、かなり気に入った。
 ベイズウォーターの街並み自体、地図上で想像していたような住宅街ではなく、映画館やレストラン、土産物屋などが適度に軒を連ねており意外と繁華街で、サイズ的にもちょうどいい塩梅。ピカデリー/ソーホーのように歓楽街ど真ん中な街よりもオレ向きで、結果論的ではあるが、我ながらナイス判断だったなと一人ニンマリするのだった。次回、ロンドンに来たときもこのホテルでいいな、なんてまだ着いた早々なのにそんなことも考えていた。

 といいつつ、いくらお気に入りだからとってこのままホテルにいても仕方がないので、歩いて10分弱のハイドパークに向かって夕方の散歩に出かける。道すがらATMがあったので、ダメで元々、再度海外キャッシングにチャレンジ。
 一瞬ダメかな? と思わせる間の後、あら不思議。ペロンとお札が吐き出されてきた。無事成功。まるで狐につままれたかのような気分と安堵感につつまれながら、自分のとった行動を振り返ってみれば、なんのことはない。「処理を続けますか?」という確認のメッセージを読み間違えていただけだった。ああ情けない。

 ところでこれは翌日以降の話になるが、今度は地下鉄チケットがカードで買えなくなってしまった。そして以降、旅の間、一度も成功することはなかったのである。これまた不思議といえば不思議な話である(といいつつようは自分のなんらかの操作が間違っているのだろうとは判っているさ)。
[PR]

by gdcl-nshb | 2006-07-11 04:00 |  ├ ロンドン第一夜
悲観的な予測は的中するの法則
 ヒースロー空港は思った以上に歴史の重みを感じる空港であった、よくいえば。はっきりいえばボロい。もっともそんなに近未来的な空港ばかりである必要もなく、ようはきちんと機能してさえいればなんの問題もないのである。問題は、使えないときだ。

 到着してまず、いの一番にすべきことはやはり「金」。ポンドを手に入れることである。というわけでATMでレッツ、キャッシング。だが、早くも躓いてしまうのだった。トライしてもトライしてもいっこうに成功しない。ヘンなメッセージが表示されるだけで中学生レベルのオレの英語力を翻弄する。手持ち金以外に補充ができないとは。まさに成田で予想していたことが現実になってしまうのか? わずかばかりの現金で1週間暮らせるのか? 実は日本で海外キャッシングの手続きについてカード会社に確認していたのだが、その時限度額をオーバーしていることがわかり(エアチケット購入とホテル予約のせいだ)慌てて限度額を引き上げているのだが、その手続きが失敗していたのかも知れない。
 まあこの期に及んで悩んでも仕方がない。とりあえずホテルまで行こう、行って体制を立て直そう。と、地下鉄駅に向かう。地下鉄のチケットは件のカードでなぜか購入できたのが不思議だが、ともかく移動だ。

 車窓から見える街並みは、当然だが日本の風景ではない。が、そこに「おお海外!」みたいな感慨があったようななかったようなで、やはりそれなりに動揺していたのかもしれない。
[PR]

by gdcl-nshb | 2006-07-11 03:00 |  ├ ロンドン第一夜
機内は異世界で別の次元なのか
d0081682_23373151.jpg
 ツンドラの上をジャンボ474は行く。機内滞在時間は12時間。エコノミー症候群に怯えながら乗っているオレは、食事をとり、酒を飲み、映画を観、持っていった本を読みながら時間をつぶしていく。乗っている最中は「まだ8時間もあるのか」とか「まだまだ6時間もですか」とか、非常に長い時間を味わっているのだが、しかし、面白いもので到着してしまうと、それまでの長い時間が意識の上でリセットされていたのだ。「ついさっき成田を発ったのにもうヒースロー!?」そんな感覚。今まで延々飛行機の中にいたという飛行経験がほとんどないせいか? 我ながら不思議だなあと思った次第である。
 ともあれ、ロンドンに到着である。
[PR]

by gdcl-nshb | 2006-07-11 02:00 |  ├ ロンドン第一夜
準備不足は心配を生むのだ
 久しぶりの成田空港。旅は始まっていた。しかし、オレはこの期に及んでいまだに準備に悩んでいた。
 目下の悩みは「金」だ。オレは海外旅行では現金主義だったのだが、いろいろな経験を経て現金のみに頼るのは危険であることを悟っていた。ではどうする? ガイドブックにはT/Cがよいと書いてあるのが常ではあるが、ヨーロッパによく行く知人によると最近ではT/Cもめったに使われることがなく、エクスチェンジもしてくれないケースすらあるという。流行りもの好きのくせに妙なところで時流に取り残されてしまうことのあるオレだった。
 さっそく調べてみると何のことはない、海外キャッシングが一般的だということで、それに素直に従い、保険に現金を数万円。という方法を採用した(あらためていうこともないほどに一般的でしょ?)。が、やはりはじめてってヤツは不安なもので、現金はもう少し持つべきだったかとか、いろいろと悩んだりするのであった。もっとも銀行カードは置いてきてしまっているのですでに現金補充はできないのである。悩むだけ無駄なのである。でもやっぱり... という思考の悪循環。
 ひとつ気になりだすといろいろと他のことも気になりだし、今回はカードの保険に頼るつもりだった旅行保険に入っておくべきか否かについても心配になってしまう。そんなこんなで無駄に頭をぐるぐるしているうちに離陸時間になった。
[PR]

by gdcl-nshb | 2006-07-11 01:00 |  ├ ロンドン第一夜