[TOP] GD
NS
BO
OK
LP
RT
10
0P
YN
DA
CI
NE
UZ
MK
NS
HB
GS
KJ
SH
RT
HR
PR
IN
ST
PJ
SN
TE
NU
LI
NK
BO
AD
HS
TR
DI
RY

南船北馬inblog

【旧:南船北馬(HTML版)はこちら】
【南船北馬】:絶えず方々に旅行すること。昔、中国では、南部は川が多く船で、北部は陸地を馬で旅行したことからいう。そんなふうにしょっちゅう旅に出られたらどんなに楽しいことだろう…
by gdcl-nshb
以前の記事
2007年 09月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 01月
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
デッケーーーおぱいw
from むろい
根っこに埋まった像(タイ..
from 写真サーバ現像室 for P..
狌狌
from 猿も煽てりゃ、ブログする。
赤ちゃんの名づけのポイント
from 姓名判断日本育児研究社で名づ..
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ: ├ タイ旅前枠( 1 )

そして南の國に旅立つ
 前回、惜敗の憂き目にあった上海作戦より、はや5ヶ月。心も新たにまたまた海外へ、日々のしがらみからの逃避行を決行することになった。今回の脱出先はタイはバンコク、そしてアユタヤ。目的はもちろん足の先から頭のてっぺんまで、どろどろの欲望、そして、でろでろの煩悩にまみれた日々。
 などと書くと、いろいろと誤解を招いてしまいそうだが(というか、わざと誤解されるような書きかたをしているだけだが)、オレにとっての欲望とは基本的には「物欲」。そして「仏欲」。つまりタイの仏像と寺院をめぐり、そしてグッズを漁る旅をしようということだ。

 さて、普段のオレならば、旅のアレンジも行動もすべて自己責任。不自由もまた楽しからずやの自力旅派なのだが、今回はなんとなく自分で計画し実践をしていくという気力が低下していたので、本当にひさしぶりにツアー参加の旅とした。完全なパッケージツアーなので、どこに連れて行かれるのかもガイドまかせ。あまり下調べも逆にしないでおいて、連れて行かれてビックリみたいな楽しみかたをするつもりだ。
 運良く某社新春格安プランの最後の1席も確保できたし、とりあえず出だしは順調である。よしよし、これであれこれ考えなくていいから楽な旅になるはずだ、たぶん。
[PR]

by gdcl-nshb | 2007-02-02 00:00 |  ├ タイ旅前枠