[TOP] GD
NS
BO
OK
LP
RT
10
0P
YN
DA
CI
NE
UZ
MK
NS
HB
GS
KJ
SH
RT
HR
PR
IN
ST
PJ
SN
TE
NU
LI
NK
BO
AD
HS
TR
DI
RY

南船北馬inblog

【旧:南船北馬(HTML版)はこちら】
【南船北馬】:絶えず方々に旅行すること。昔、中国では、南部は川が多く船で、北部は陸地を馬で旅行したことからいう。そんなふうにしょっちゅう旅に出られたらどんなに楽しいことだろう…
by gdcl-nshb
以前の記事
2007年 09月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 01月
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
デッケーーーおぱいw
from むろい
根っこに埋まった像(タイ..
from 写真サーバ現像室 for P..
狌狌
from 猿も煽てりゃ、ブログする。
赤ちゃんの名づけのポイント
from 姓名判断日本育児研究社で名づ..
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ: ├ 中央アルプス前説( 1 )

山がオレを喚んでいる!?
「趣味は登山です」

 そう答えるようになって久しい。しかし実際のところを振り返るとどうだろう。云うは易し行うは難し、とこれまた口ばかりの云い分にはなっているが、とにかく。山登りと云えるものは年に数回、行くか行かないか。しかもそのほとんどが近場の日帰りでの軟弱登山ばかりになっているのが現状である。これでは「看板に偽りあり」と云われても返す言葉もないのではないか? ないよなぁ、やっぱり。
 しかしそんな現状とは裏腹に、あるいは、そんな現状だからこそ、己が気持ちとしては、---例えば富士山であったり白馬岳であったり---行ってみたい山は多いのである。じゃあ、とっとと登ってくればいいじゃんという意見はとりあえず聞かないふりをするが。

 そんな行きたい山のひとつに中央アルプスの千畳敷カールがある。写真でみる限りではアルプスと称されるに相応しい別世界がそこには展開されているらしい。しかもロープウェイで上れてしまうお手軽感。「なんだよ、結局軟弱プランじゃないか」と云うなかれ。山登りに貴賤はないのだ。行くべし、中央アルプス。思い立ったときが行き時なのだ。

 というわけで、念願の千畳敷カールへ初登頂。と踏ん切りつけたはいいが、しかし今年はとんでもないほどの梅雨の長雨大雨で、お手軽登山者には荷が重過ぎる状況が続き、結局、2週間遅れの山行となったのだった。
[PR]

by gdcl-nshb | 2006-08-10 01:00 |  ├ 中央アルプス前説