[TOP] GD
NS
BO
OK
LP
RT
10
0P
YN
DA
CI
NE
UZ
MK
NS
HB
GS
KJ
SH
RT
HR
PR
IN
ST
PJ
SN
TE
NU
LI
NK
BO
AD
HS
TR
DI
RY

南船北馬inblog

【旧:南船北馬(HTML版)はこちら】
【南船北馬】:絶えず方々に旅行すること。昔、中国では、南部は川が多く船で、北部は陸地を馬で旅行したことからいう。そんなふうにしょっちゅう旅に出られたらどんなに楽しいことだろう…
by gdcl-nshb
以前の記事
2007年 09月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 01月
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
デッケーーーおぱいw
from むろい
根っこに埋まった像(タイ..
from 写真サーバ現像室 for P..
狌狌
from 猿も煽てりゃ、ブログする。
赤ちゃんの名づけのポイント
from 姓名判断日本育児研究社で名づ..
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ: └ ロンドン後説( 1 )

思えば楽しいことばかり。
 日本に到着すればいつの間にか丸1日が経過している。もちろん時差のせいでもあるが、しかし正味11時間は機内にいたのだ。ビールにワインにカクテルにと散々飲み食いし、惰眠をむさぼり、映画を観まくった。それだけの時間を機内で過ごしていたのだ。だが、気持ちの上では、ついさっきまでロンドンにいたのになぁ、なのだ。実に不思議な感覚を消せずにいた。往路でもまったく同じような感覚を味わった記憶があるが、長時間飛行ってそういうものなのだろうか。

 ロンドンの印象は、物価がとてつもなく高い、食べ物が不味い、という一般的にいわれていることの確認であった。そしてそんなマイナスの要素を補って余りある魅力に溢れた街であることの確認でもあった。
 もう一回行くか、ときかれたら即断で、行くと応えよう。次は、郊外中心で攻めたいね、もちろん市街地のまだ観ていないミュージアムも観つぶさなければならないし、まったくもって大忙しだ。効率よくまわるための予習は必要だ、絶対に。時期はそうだね、やはり春か? 秋か? 心の準備はいつでも整っている。
[PR]

by gdcl-nshb | 2006-07-18 01:00 |  └ ロンドン後説